文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

【プログラマーのための基礎知識】「OSS」とは?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210724075200p:plain

おはようございます。Shotaです。

システム開発にて、オープンソースのライブラリやフレームワークを利用することは当たり前になってきているのではないでしょうか?

今日はOSSとそのライセンスについて徹底解説していきます。OSSだから無条件に使えるでしょ?」と考えている人はぜひ今日の記事を読んでみてください。

今日の記事では、OSSについて最低限プログラマーとして理解しておくべき内容を整理します。



OSS」とは?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210724080011p:plain

OSS」はOpen Source Softwareの略称で、利用者の目的に関係なくソースコードを使用、再利用、修正、再配布などができる無償のソフトウェアです。

よく知られているOSSにはJavaPHP, Pythonが挙げられます。

OSSとは反対に、ソースコードへのアクセスや改変が制限されているソフトウェアを「プロプライエタリ・ソフトウェア」と言います。一般的にソフトウェアのソースコードは知的財産となるので、ライセンス料を徴収して販売されています。多くの商用ソフトウェアは、プロプライエタリ・ソフトウェアなのでソースコードの改変はできません。

OSSは無償であるものの、高性能かつ信頼性が高いものが多く知られています。企業が商用利用としてOSSを基に開発することもあります。特に、プログラミング言語や開発環境の分野には優れたソフトウェアが多いので、OSSは開発者にとって不可欠な存在になっています。


OSS」の特徴

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210724080727p:plain

OSSは、誰でも自由に改良、再配布することができるという特徴があります。そのため、誰かがソースコードのバグを見つけたり、改良して修正したりするというようなサイクルが世界中のユーザーによって行われています。

このようなことから、ソフトウェアの安定性が高くなり、低コストで高品質な開発ができる点がOSSが広まる理由でしょう。


OSS」のメリット

本章では、OSSを利用するメリットについて紹介します。


信頼性がある

ソースコードが公開されていることで、不正なプログラムや脆弱性などを常に確認できるので、信頼性があります。万が一脆弱性が発見されても、素早く修正できるのが特徴です。


安定性が高い

OSSはユーザがいる限りメンテナンスを維持することができます。そのため、長期にわたる安定した利用を見込めます。


コスト削減できる

OSSはライセンス費用が無料なので、統合的なコスト削減が可能な側面もあります。初期費用だけではなく、導入後のライセンス管理や定期的なリプレース費用なども削減できるので、ソフトウェア開発においては重宝されると考えられます。


OSS」を使うときの注意点

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210724080557p:plain

本章ではOSSを取り扱う上で注意しておきたい知識について紹介していきます。


ライセンス準拠

OSSを導入する際は、対象となるライセンス形態を確認することが大事です。OSSは、ソフトウェアごとに個別にライセンスが宣言されています。ユーザはライセンスに準拠した利用が要求されるので、使用する前は必ずOSSのライセンスを確認しましょう。


「無償≠OSS

OSSは無償で公開されていますが、無償で入手できるすべてのソフトウェアがOSSというわけではありません。「OSS」と明示されていない限りOSSではないことに十分警戒してください。

OSSではなければ、無償であっても自由に改変や再配布することはできないので、利用する際は十分注意しましょう。


まとめ:OSSは信頼性と汎用性両方もあるソフトウェア

今日はソフトウェア開発における重要な専門用語「OSS」について簡単に解説してみました。

簡単に言えば、ソースコードが公開されていてユーザが自由に入手できるソフトウェアがOSSです。OSSは誰でも二次利用できるというメリットから、信頼性や安定性が高い品質のものが開発され、多くの人に利用されています。

OSSは今やソフトウェア開発には必要不可欠な存在です。OSSを利用する際は、ライセンス形態や内容をしっかり理解してから上手に使っていきましょう。

今日はこれで終了です。

【参考サイト】

future-architect.github.io

hnavi.co.jp

tech-camp.in