文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

YouTubeで実際に使われているPythonの機能と採用された理由

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210617161921p:plain

おはようございます。Shotaです。

私たちはYouTubeで何気なく動画を見ていると思います。実はYouTubeには、「Python」というプログラミング言語が使われています。

そこで、今日はYouTubeで実際に使われているPythonの機能を詳しく説明していきます。更に、YouTubeで採用された理由を説明していきます。

【目次】


YouTubeで実際に使われているPythonの機能

YouTubeの主な機能はPythonで開発されています。Pythonが使われている主な機能は以下の3つです。

  • 検索機能
  • 動画再生
  • アカウント管理

それぞれ順に解説していこうと思います。


検索機能

Pythonはデータの抽出が得意です。大量にある動画の中から適切なものを抽出し、検索結果を一覧で表示できます。

YouTubeの検索機能には「OpenSearch」というPythonのライブラリが使われています。YouTubeではこのライブラリによって、高速でわかりやすい検索結果を表示できます。


動画再生

YouTubeは毎日世界中の人に視聴されていますが、動画の再生機能にもPythonが使われています。一度に多くのユーザがYouTubeにアクセスしても大きな障害が発生していないことを考えると、Pythonがいかに凄い言語かわかりますね。

また、YouTubeは様々な種類の動画ファイルに対応しています。Pythonを使うと複数の動画ファイルでも問題なく処理できます。


アカウント管理

YouTubeではアカウント情報の官吏や、ユーザ認証にもPythonが使われています。

PythonにはDjangoというフレームワークがあり、これでユーザ認証システムを作ることができます。


YouTubePythonが採用されている理由

YouTubePythonが採用された理由については、以下の2つが大きいと思います。

  • コードがシンプルで保守しやすい
  • ライブラリが充実

一つずつ順に解説していきます。


コードがシンプルで保守しやすい

Pythonは構文がシンプルで、スッキリしたコードを書けるのが大きなメリットです。そのため他の言語に比べてコードの量も少なく済みます。

コードが単純であればバージョンアップする際に変更する箇所がすぐに分かります。それに、馬具やエラーが見つかったとしてもそれを特定しやすいです。Pythonを使うことで開発や保守にかかる手間やコストを減らせるのが大きいと言えます。


ライブラリが充実している

先ほども紹介したとおり、Pythonの開発に使えるライブラリは豊富にあります。Pythonのライブラリは世界中で開発されており、Python Package Indexでダウンロードできます。

pypi.org


まとめ

今日の記事ではYouTubeで実際に採用されたプログラミング言語Pythonについて、以下の2つの内容をまとめました。


YouTubeで実際に採用されているPythonは需要だけではなく、実績も申し分ない言語と言えるでしょう。Pythonは初心者におすすめの言語なので、興味がある方は勉強を始めてみてはどうでしょうか?

今日の記事が参考になれば幸いです。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


【参考サイト】

www.sejuku.net

【紹介】Pythonで自動化できること5つ

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210617164511j:plain

おはようございます。Shotaです。

今日はPythonで自動化できることを5つ紹介していきます。みなさんは、Pythonでタスクの自動化ができることを知っていましたか?Pythonを学べば日々の繰り返し作業を一瞬で自動化することができます。

そこで、本記事ではPythonを使って自動化できることを5つに分け、実例を交えて解説していきます。

ぜひこの記事を参考にPythonを勉強してみてはどうでしょうか?

【目次】


Pythonで自動化できること5選


webからのデータ収集

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210615064836p:plain

PythonはWebから自動的にデータを収集するスクレイピングが得意です。スクレイピングを使えば、ブラウザで手作業でキーワードを入力する手間を省くことができます。

PythonにはBeautiful SoupScrapyと呼ばれるスクレイピングに特化したライブラリやフレームワークが用意されています。需要が高く、初学者が最初にPython自動化を覚える題材としてとっつきやすい分野です。


ブラウザ操作

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210615064723p:plain

webサイトから自動的にデータを収集できるだけではなく、パイソンはブラウザそのものを操作することができます。具体的にはSeleniumというブラウザ操作に特化したライブラリが用意されております。


Excel操作

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210615064927p:plain

Pythonの自動化と言ったらExcel操作の自動化の目的のほうが一番多いのではないでしょうか?Excelへのデータ入力やコピペといった転記作業もPythonで自動化できます。

実は、Pythonのライブラリopenpyxlを使えばVBAと同じようにExcelを自動で操作できます。

Excelだけで完結する作業ならVBAのほうが適していますが、Excelだけではなくブラウザやアプリと連携させたいならPythonでプログラムを作成するのがおすすめです。


画像編集

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210615065324p:plain

Pythonでは、画像処理ライブラリ「Pillow」を使えば画像編集ができるようになります。ペイントツールで一枚ずつ画像編集する手間を省くことができておすすめです。


API連携

APIとは、webサービスとの接点です。例えば、Twitterであればツイートの投稿や言い値の実行といった機能がありますが、Twitter APIを使えばこれらの機能がTwitter上だけではなくPythonなどのプログラミング言語からも使えるようになります。つまり、Twitterを開かなくてもプログラムからTwitterの機能を使えるのです。

公開されているAPIを組み合わせることで、様々な業務を自動化することができます。


自動化を習得する方法

これまでいくつかPythonの自動化例を紹介していきましたが、興味をそそる分野はありましたか?Pythonの自動化を習得するために一番必要なことは、自動化したいものを決めることです。

基本的にはPythonの文法を覚えた後に、目的に応じたライブラリの使い方を学ぶという流れで自動化を習得していきましょう。


まとめ

本日の記事ではPythonで自動化できることを解説しました。

ライブラリが豊富でスクレイピングやブラウザ操作、Excel操作などのような様々な作業を自動化できます。APIを駆使すれば広範囲に渡りWebの作業削減に繋がります。

Pythonでは自動化できることが山程ありますので何から最初に手を付けていいかわからない人もいると思いますが、「自動化したいもの」を最初に決めるのがおすすめです。目的が明確になれば、Pythonの基本文法と目的に応じたライブラリを学ぶだけなのでスムーズに学習できます。

今日の記事はこれで終了です。最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

【参考サイト】

valmore.work

個人事業主になるために今やっていること・足りないこと

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614082803p:plain

おはようございます。Shotaです。今日は「個人事業主になるために今努力していること」について詳しく書いていきます。

私はTwitterでも公表していますが、将来は新卒で個人事業主になることを目標に日々勉強に励んでおります。私と同じような目標を持つ人で、勉強の方法がわからず悩んでいる人も少なくありません。

そこで、私はこのような記事を発見しました。

goworkship.com

これは日本最大級のフリーランスメディア「Workship」が提供している記事で、初心者でも独学でフリーランスエンジニアになれることが詳細に書かれていました。

今日はこの記事を参考に、自分がやっていることや足りないことを中心に書いていこうと思います。PV数とか関係ありません。今回は思っていることを全部書きます。

【目次】



今やっていること

私はプログラミングで個人事業主になることを目標としているので、プログラミングを中心に話していこうと思います。私が今やっていることはざっくり次の通りです。


* 毎日オンライン学習サービス「PyQ」を使って、FlaskでWebアプリの基礎を学ぶ→今年中に簡単なWebアプリは何も見ないで書けるようにする
* Twitterで毎日プログラミングに関する情報や、毎日の成果をツイートする
* ブログを毎日更新する→少しでもライティングスキルを上げるため。
* プログラマー同士のコミュニティに入って情報交換する
* PortfolioBoxで簡単なポートフォリオを作っている
* YouTubeで金融情報やプログラミングに関する情報を収集する


このように、私はプログラマーとして仕事をもらうための基本的なことはやっています。最低限ですが、情報発信やプログラミング勉強は毎日欠かさずやっております。



足りないこと

個人事業主でプログラミングスキルだけ持っていても成功することはできません。

個人事業主はクライアントの抱えている悩みやニーズをプログラミングで解決するのが仕事なので、クライアントの悩みを引き出すコミュニケーションスキルが必須です。

さらに、個人事業主は自分で仕事を受注しないといけないので営業スキルや単価を交渉するスキルも必須です。要は、プログラミングで個人で生計を立てるためにはある程度のビジネススキルも必須になっていきます。

私はこのスキルを全く身に付けていませんので、これを身につけられる環境をいち早く見つけることが今後の課題です。

まとめ

今日は将来新卒で個人事業主を目指す私が今努力していることや足りないことを中心に書きました。

私はプログラミングを勉強して3ヶ月経過しましたが、まだ案件を一つも貰っていないのが現状です。まずは何でもいいのでクライアントから一つ案件をもらい、プログラマーとして世間から認識されることを目標にこれからも毎日勉強し続けていきます。

本日の記事が同じことや似たようなことで悩んでいる読者のためになったら幸いです。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと 3つ

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210603061116p:plain

おはようございます。Shotaです。

今日の記事では、私がPythonを独学で勉強しはじめて3ヶ月経過して気づいた「プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと3つ」を紹介します。この記事を読んでいる人はぜひ独学でプログラミングを学ぶときの参考にしてみてください。

【目次】



プログラミングの独学は可能か?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614074705p:plain

そもそも独学でプログラミングを学ぶことはできるのでしょうか?プログラミングを初めて学習しようとしても、自力で技術を身につけるのは難しそうですよね...

ところが、それはこれから紹介する3つのことを知らないまま時間だけが経過していきモチベーションを保てていないことが原因の一つとして考えられます。

今から紹介する3つのことを知り、モチベーションを保つコツさえわかっていればプログラミングを独学で身につけることはできます。


独学でプログラミングを習得するメリット

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614075217p:plain

独学でプログラミングを勉強するのは初心者にとっては難しく思えるかもしれません。しかし、自力で技術を習得できるメリットもあります。

  • 余計な出費が抑えられる
  • 環境に合わせて自分のペースで学習できる
  • 好きなアプリやサービスを開発できる


プログラミングスクールに通えば、独学よりも速く技術を身につけられるかもしれません。しかし、プログラミングの基礎はスクールに通わなくても習得できます。私はまだ学生だったので、独学でプログラミングを始めました。そんな私でもPythonの基本的な文法やライブラリはある程度使えるようになりました。(2週間で)



プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと3つ

では早速、本題に入りましょう。


1.自分が実現したいサービスやアプリを明確にする

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612093332p:plain

これはプログラミング学習の中では最も重要なことです。プログラミングは問題解決の手段の一つに過ぎません。特に趣味ではない限り、「なんとなく」でプログラミングの独学を始めると途中で挫折することが大いにありますので十分に注意してください。


2.自分が学びたい言語を一つ決める

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080252p:plain

自分が実現したいサービスが明確になったら、次はそれを実現するためにふさわしい言語を決めましょう。

例えば、日々の業務の自動化を目指したいならPython、スタイリッシュなホームページを作って周りに自慢したいならJavaScriptを勉強したほうがいいです。


3.毎日勉強する

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080621p:plain

これは一見地味に見えますが、プログラミングを勉強する上ではいちばん重要なことです。とにかく短時間でもいいので毎日勉強しましょう。独学は、学習を習慣化させると雜誌しにくくなります。

習慣化は学習に取り組むための心のハードルを下げる最も効果のある方法です。



まとめ:まずはプログラミングで実現したいことを明確にすることから始めよう

今日の記事では、プログラミングの独学に必要なことを3つ紹介しました。

  • 実現したいアプリやサービスを決めること
  • 学びたい言語を一つ決めること
  • 毎日勉強すること


みなさんいかがだったでしょうか?

以上のことをしっかりと押さえていればプログラミングでの独学は決して難しいものではありません。

管理人もしっかりと毎日プログラミングの勉強をしていきますので、これからもプログラミングの勉強を継続していきましょう。

今日の記事はこれで終了です。最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。



【参考サイト】

goworkship.com

tech-camp.in

【解説】「JavaScript」でできること

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612090942p:plain

おはようございます。Shotaです。

JavaScript」は、プログラミングをこれから始める人にとって人気の高い言語の一つではないかと思われます。

ところが、JavaScriptが色々できることはわかるけど具体的に何ができるのかよくわからないという人もいらっしゃいますよね。プログラミング言語にはできることとできないことがありますので、実はあなたの目的とJavaScriptがマッチしていないことも考えられます。

そこで今日の記事では、JavaScriptで具体的にできることを解説していきます。

JavaScriptを学習する前に、まず何ができるのかをしっかりイメージしておきましょう。

【目次】

JavaScriptとは?

JavaScriptは、主にブラウザ上に動作するプログラミング言語です。ブラウザ以外にも、インターネットに繋がる様々なデバイスで使用されており、より良いWebページをつくる上では書かせません。

JavaScriptプログラミング言語の中でも、プログラムの記述や実行を比較的簡単に行うことができるスクリプト言語の一つです。スクリプト言語ではプログラムを実行する際にソースコードを機械が読み取れるように変換する「コンパイル」という手続きが必要ですが、スクリプト言語では手続きが不要なので手軽にプログラミングできます。

そのため、プログラミング学習を始めたばかりの初心者でも比較的取り組みやすいプログラミング言語になっています。

JavaScriptでできること

では、JavaScriptで具体的に何ができるのか早速見ていきましょう。

Webサイトに「動き」を加える

HTMLやCSSを動的に操作できます。

動的とは、Webページが表示されたあとにHTMLの要素を追加したり、CSSで色を変えたりすることができることを指します。

そのため、目立たせたいボタンやメニューにアニメーションや効果を追加したりできるのでユーザが使いやすいサイトを作れます。

Webサイトのり弁性を向上させることは、ビジネス上ではユーザ獲得において重要な要素となります。これが最もJavaScriptが使われる理由です。

JavaScriptで作れるもの

それでは、JavaScriptでできるものを具体的に紹介していきましょう。

Webサイト

一番メジャーな利用方法として、JavaScriptでは様々な動きをWebブラウザ上で実現できます。例えば、次のような機能をJavaScriptで作成できます。

* メニューのボタンを押すと滑るように該当箇所へ移動する
* 複数枚の画像がスライドして表示される
* フォームの入力項目などを「追加する」ボタンで増やす
* メニュー等ボタンで出し入れできる
* お買物サイトで料金を試算できる

(引用元:侍エンジニア塾ブログ)

世の中にあるWebサイトの大半はJavaScriptが使われており、使われていないウェブサイトのほうが少ないです。

Webアプリ

JavaScriptでは、Webアプリも開発できます。JavaScriptだけでWebアプリを開発することもできますが、RubyPythonなど、他のプログラミング言語と併用されることが多いです.

Webアプリ開発ではWebページを担当するフロントサイド、サーバ処理を担当するサーバサイドと別れて作業することが多いです。

スマホアプリ

JavaScriptでは様々な開発環境が備わっているので、AndroidiOS両方とも制作することが可能です。

ゲーム

仕組みはWebアプリやスマホアプリと全く同じですが、そこに画像の表示やルールを設けることで簡単にゲームを作れます。

まとめ

今日の記事では、プログラミング言語JavaScript」でできることを紹介しました。

どうでしたか?JavaScriptでできること、いろいろとイメージが具体化してきたと思います。JavaScriptは今後もどんどん環境が変わっていくことが予想されます。JavaScriptは無限の可能性を秘めているのです。

この機会にJavaScriptを勉強してみてはどうでしょうか?

【参考サイト】

www.sejuku.net