文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

【解説】プログラミング言語「JavaScript」


スポンサードリンク
 

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612090942p:plain

おはようございます。Shotaです。

今日は数多くあるプログラミング言語の中で鉄板中の鉄板である「JavaScript」について簡単に解説していきます。

【目次】

JavaScriptとは

JavaScriptWebブラウザで動くプログラミング言語の一つです。Webページは一般的にHTMLが使われていますが、それだけでは文章や画像をそのまま表示されるだけで見やすいWebページが作れません。

JavaScriptを使えば、ブラウザ上で画像を拡縮したり、動画を再生したりするなど動的なコンテンツを実装することができます。

JavaScriptのメリット・デメリット

メリット

初心者でも学習しやすい

JavaScriptのプログラム構文は非常にシンプルです。そのため、プログラミング初心者でも簡単に理解することができます。

フレームワークやライブラリが充実

JavaScriptにはフレームワークやライブラリが充実しています。これらを活用することによって実装の時間を短縮できますので、効率よく開発を進められます。

フロントエンド開発・バックエンド開発両方とも対応

JavaScriptはフロントエンド・バックエンド両方にも対応しています。そのため一括して開発ができるので管理しやすいというメリットもあります。

OSに依存しない

JavaScriptはHTMLファイル上にscriptタグを付けるだけで実装できます。言語が動作するための環境開発が不要なのは一番のメリットです。

デメリット

処理速度が他の言語よりも遅い

JavaScriptは他の言語に比べて処理速度が遅いです。

ブラウザによって挙動が異なる

JavaScriptはブラウザ上で動作する言語なので、ブラウザの種類やバージョンによって挙動が異なります。異なるブラウザでも同じように動作させるためには、それぞれの環境でテスト行う必要があります。

JavaScriptでできること

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612093455p:plain

JavaScriptを使えば実現できることを6つ列挙します。

* ブラウザに表示された画面に動きを与えられる
* サーバと通信して情報を送受信できる
* Webページ上に複雑なアプリケーションを作れる
* スマホアプリを開発できる
* サーバサイトで動くアプリを開発できる
* スプレッドシートで業務効率化を図れる

(引用元:日本最大級のフリーランスメディア「Workship」)

自作のWebアプリを開発したい人、ブログやホームページのデザインや画面操作を実装したい人にとって、JavaScriptは最適のプログラミング言語だと言えるでしょう。

まとめ

JavaScriptは高度なWebアプリ開発、更にサーバサイドのシステムまで幅広い場面でJavaScriptは活躍しています。

JavaScriptは学習コストが非常に低く、勉強しやすいプログラミング言語なのでこれからプログラミング学習を始める人にもおすすめです。

【参考サイト】

mynavi-agent.jp

goworkship.com

【画像引用】

storyset.com