文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

Webアプリケーションとは?必要な基礎知識のまとめ


スポンサードリンク
 

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210603061116p:plain

おはようございます。Shotaです。

今日はWebアプリケーションの開発に必要な知識を簡潔に、かつ詳細に解説していきます。

【目次】

Webアプリの基礎知識

Webアプリとは、ブラウザで使えるアプリのことです。手軽さが特徴で、ユーザやサーバ両方にとってもメリットがあります。

例えば、「食べログ」、「YouTube」や「Twitter」のようなアプリをダウンロードしなくてもGoogle用な検索エンジンでWebサイトを開くことができ、利用することができます。

このようなページがWebアプリです。

サーバのメリット

Webアプリの開発は、前述した通り、ネイティブアプリ(インストールして使うアプリ)よりもコストを抑えることができます。また、Webアプリはアップデートしやすいというメリットもあります。WebアプリならWebサーバ側でアップデートできるので、すぐに更新できます。

ユーザのメリット

ユーザがWebアプリを使うメリットは「手軽さ」です。

アプリをインストールしなくても使えるので、通信のデータ容量を節約できます。Webサイトをブックマークしていれば、日常的な利用でも手間がかからないのでこちらを好んで使う人もいます。

Webアプリ開発の手順、おすすめ言語やスキル

Webアプリを開発するために必要な知識はざっくり次の通りです。

  • Webの基礎知識:「Web」とは、インターネットで情報を後悔・閲覧できる仕組み。
  • Webの仕組み:フロントエンド、バックエンド、データベース
  • プログラミング言語の種類:「フロントエンド言語」(Web上の表面的な部分を作成)と「サーバサイド言語」(Web上の裏側の処理)
  • 必要なスキルを学ぶ:フレームワーク

本ブログでは、特に重要な「Webの仕組み」と「フレームワーク」を中心に解説していきます。

Webの仕組み

フロントエンド

WebサイトやWebサービスでユーザが実際に使用する側の、例えばインターネットブラウザでアクセスできるウェブページの見た目そのものを指します。

実際にその画面で見える部分を作っているのは「HTML」や「CSS」というようなコンピュータ言語です。

バックエンド

フロントエンドとしばしば一緒に使われる言葉が「バックエンド」です。

バックエンドは、ユーザが操作することのない部分、例えばサーバやデータベースなどを指す言葉です。

また、そのサーバやデータベースの設計や開発、運用などの業務を含めて「バックエンド」と呼称されます。

主に「Ruby」や「Python」がこの種類の言語に該当します。

データベース

データベース(英: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。 狭義には、データベース管理システム (Database Management System, DBMS) またはそれが扱う対象のことをいう。

引用元:Wikipedia

簡潔に述べると、一定の形で整理されたデータの集合体のことです。厳密に言うと、一定の形で「複数で共有、利用すること」と「検索や加工すること」を目的に整理されたデータの集合体を指します。

フレームワーク

フレームワーク」という言葉には、もともと枠組みの意味があります、開発を行う際に、頻繁に必要とされる基礎的な機能をまとめて提供してくれるものです。

フレームワークは、「フレームワークのルールに従って使うことで高度な知識や技術がなくても、うまくいくように考えられた道具」のことです。

その中でも、Webアプリを作成するのに必要なフレームワークWebフレームワークと言います。

まとめ

【本日のまとめ】

  • Webアプリは、簡単に言えばブラウザ場で使えるアプリのことを指す。インストールしなくても使えるので、ユーザは通信のデータ容量を節約できる。サーバはネイティブアプリよりもコストを落とすことができ、Webアプリよりもアップデートしやすい。

  • Webアプリを開発する上で特に必要な知識は、Webの仕組みフレームワークの2つ。

  • Webの仕組みには、フロントエンドバックエンドデータベースがある。

  • フレームワークは、「フレームワークのルールに従って使うことで、高度な知識や技術がなくても、うまくいくように考えられた道具」のこと。