Re:ゼロから始める文系プログラマ

未経験がプログラミングを通して人生を変える

JavaScript初心者向けにAngularとVueを徹底比較


スポンサードリンク
 

f:id:ShotaNukumizu_1000:20211114052320p:plain

おはようございます。Shotaです。

WEB開発で非常によく使われているJavaScriptフレームワークの中に、AngularやVueがあります。両方ともプログラマーの中では非常によく知られているJavaScriptフレームワークの一種です。

🤨「Angular?Vue?それぞれどんな特徴があるの?」

😥「両方とも聞いたことがあるけど違いが全くわからない...」

中にはこのように考えている方も少なくないでしょう。

そこで、今回の記事ではAngularとVueを徹底比較していきます。



Angularとは

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210924083407p:plain

Angularは、Googleが開発しているJavaScriptフレームワークです。非常に人気があり、WEBアプリ開発では、Reactと並んで最も使われているJavaScriptフレームワークです。

サーバと連携できるので、WEBアプリ開発では何でもできると言っても過言ではないでしょう。無料で使えるので使い方もわかりやすいので、初心者から上級者まで幅広く使われています。


特徴

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210918073918p:plain

Angularの特徴は主に以下の通りです。


それぞれ順番に解説していきます。


MVC

MVCとはアプリを設計する際の考え方の一つです。MVCとは、以下の3つの言葉の頭文字をとったものです


  • M=Model:データを扱う部分

  • V=View:HTMLやCSSなどの画面を作る部分

  • C=Controller:他の細かい制御を行う部分


MVCでは、このように役割が異なるプログラムを混在させない(別々のファイルで管理する)ため、アプリケーションの設計がスムーズに行なえます。


双方向データバインディング

AngularではHTMLを拡張して、より便利な機能を提供しています。その一つが双方向データバインディングと呼ばれる機能です。

すべてのアプリケーションは、ユーザが画面で操作した内容をデータに反映させたり、データの内容が買わったときに画面に反映したりする必要があります。WEBアプリケーションで、画面を操作する際にはデータに反映させるために以下のような動作をするためにプログラムを書く必要があります。


画面からHTML要素を習得

要素をデータとして処理

処理したデータを画面に反映


ところが、Angularの双方向データバインディングを使うと、以下のようにHTMLの要素が処理を行うプログラムと連動し自動的に処理されるのです。


画面からHTML要素を習得してデータを処理
↓ ↑
画面に反映


このように、本来プログラムを書く必要がある処理をAngularが対応してくれるので、より少ないコードで機能を実装できるようになります。


コンポーネント

コンポーネントは、リストやフォームなど複雑なHTMLを部品化して再利用できる機能です。コンポーネントには2つのメリットがあります。

  • 同じような要素を多くのページで使い回せる
  • 各ページのHTMLが読み書きしやすくなる


コンポーネント内の要素を変更する場合は、コンポーネントの部分を変更するだけで済むので、各ページを修正する必要がありません。


メリット・デメリット

本章では、Angularのメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。


メリット


動作端末が多いWEBアプリを開発できる

WEBアプリケーションは、ブラウザが動作する端末があれば使用できます。AngularでWEBアプリを開発できれば、AndroidiOSといった動作環境を深く考える必要はありません。


圧倒的な生産性

Angularはすでに設計が組み込まれているので、それに沿って開発を行うことで圧倒的な生産性を担保できます。


デメリット


学習コストが高い

Angularは非常に高機能で、WEB開発の全体を大きく効率化できます。しかし、逆に独創的な設計や用語も多く、従来のWEBアプリ開発のノウハウでは上手に使えません。

Angular独特の用語や設計思想に触れて、その特徴を十分に生かして開発を進めていくためには多くの経験と学習が必要になるので初心者には学習コストが高くなります。


バージョンアップが非常に速い

Angularはバージョンアップが非常に速いので、従来の機能で利用していたものが廃止されたり上手に動作しなくなったりすることが十分に考えられます。

また、バージョンが違う環境で開発されたアプリをメンテナンスする際には十分に注意する必要があります。


Vueとは

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210924072234p:plain

VueはJavaScriptフレームワークの一つで、現在人気が急速に高まっています。その理由の一つに、シンプルで自由度が高いにもかかわらず高い生産性を発揮することが挙げられます。

また、他のライブラリとの組み合わせを自由自在に選べるので足りない部分を簡単に補えるのも人気の理由の一つです。


特徴

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210917150327p:plain

Vueは主にWEBアプリケーション開発で使われるフレームワークです。

Vuejsでできることは以下の4つです。



それぞれ順番に解説していきます。


ユーザの入力に即座に反応する「リアクティブ」

「リアクティブ」は簡単に言えば、ユーザが入力したデータに即座に反応する機能です。

例えば、WEBアプリケーションの画面でユーザが何らかのデータを入力した時、即座に画面上のなにかの情報が変化していた場合はリアクティブ機能が働いています。

Vuejsがあれば、ユーザの利便性を向上させやすいでしょう。


プログラムを部品のように扱う「コンポーネント

コンポーネントとは、各プログラムを部品に見立てて再利用する仕組みです。車の部品のように、各パーツを事前に組み立てておいてから後でそれらを組み合わせていくことで、トータルでの労力を減らすことに成功しています。

プログラムを一から全部書いていては労力が無限にかかってしまいますが、コンポーネントを活用して各部品を効率的に利用することで、全体の工数を抑えられます。


WEBブラウザの負担を抑える「トランジション

トランジションとはHTMLやCSSを変更した際に、DOM(HTMLを構築するもの)の内容も即座に変更できる機能です。

通常、WEBブラウザ上に画面を表示する際にはDOMからHTMLを解析してWEBページを表示しますが、これだとHTMLを表示する際にWEBブラウザの読み込みをしなければいけないので負担がかかってしまいます。

しかし、トランジションを利用すればWEBブラウザの読み込みの負担を大幅に減らせます。


プラグインを利用できる「拡張性」

Vueでは必要に応じてプラグインを拡張できるので非常に便利です。

具体的には


  • vue-router
  • vue-resource
  • vue-async-data


このようなたくさんのプラグインを活用できます。

プラグインを活用できれば、より簡単にWEBアプリが作れたり、データの読み込みができたりするので生産性を向上させやすいです。


メリット・デメリット

本章ではVueのメリット・デメリットをそれぞれ簡単に解説していきます。


メリット


学習コストが低い

Vueの最大のメリットは学習コストの低さです。他のライブラリやフレームワークと比較して、Vueは学習コストがそこまで高くないので初心者にとって勉強しやすいです。


サーバとの通信量を節約できる

VueはSPA(Single Page Application)開発に使われていることが多いです。SPAはブラウザでできる処理をJavaScriptで終わらせることで、サーバとの通信量を最低限に抑えられる設計を指します。

最近人気が高まっている設計で、特にユーザの滞在時間が長いWEBサービスで活用されています。


ユーザの入力値をすぐに反映できる

Vueはユーザが入力したデータに応じて表示を柔軟に切り替えられます。

このような設計を適切に運用すると、ユーザからすれば非常に使い勝手の良いページが仕上がりますのでユーザの満足度を上げやすいです。


デメリット


大規模開発に向かない

Vueはフレームワークの構造上、大規模開発に向いていません。

Vueは一つのページ内で情報を変化させるアプリケーションの開発が得意なので、大規模なサービスにはどうしても向かないです。


ネイティブアプリの開発が発展途上

Vueにはネイティブアプリとしてweekが用意されていますが、weekはまだ発展途上です。

ネイティブアプリを開発したければNode.jsやReactが向いています。


AngularとVueの違い

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210922154708p:plain

本章では、AngularとVueのフレームワークの違いについて3つ解説します。


開発言語の違い

VueはJavaScriptでの開発がメインですが、AngularはTypeScriptでの開発がメインです。

TypeScriptはAltJS(JavaScript代替言語)の一つで、JavaScriptの問題を解決するために開発されました。TypeScriptについて詳細に知りたい人は以下の記事を参照してください。

shotanukumizu-1000.hatenablog.com


学習コスト

前述の通り、VueとAngularではそれぞれ開発言語が異なります。

Angularの開発で使われているTypeScriptはJavaScriptよりも高速で、実装できる機能も多いですが初心者には学習のハードルが高いです。

JavaScriptフレームワークの勉強をしたければVueから勉強したほうがいいです。あと、Angularの開発に使われているTypeScriptは日本語の情報が少ないのも難点です。


得意とする開発

Vueは個人開発や小規模な開発に最適ですが、大規模な開発をしたければAngularが向いています。


まとめ

今回の記事では、JavaScript初心者に向けてAngularとVueを徹底比較しました。

これらのフレームワークは特に人気があり、両方とも非常に活発な開発が行われていますので正直どちらのフレームワークも甲乙つけがたいです。

しかし、それぞれのフレームワークの特徴、勉強のしやすさ、得意な開発を総合的に検討して、自分が開発したいアプリに合わせてフレームワークを選択するのがベストです。

今回の記事は非常に長くなりましたが、今回の記事を参考にAngularとVueへの理解を深めたり、実際に興味を持って学習を進めていただければ幸いです。

今回の記事はこれで終了です。

【参考サイト】

media-architect.co.jp

www.sejuku.net

www.uxpin.com

www.sejuku.net