Re:ゼロから始める文系プログラマ

未経験がプログラミングを通して人生を変える

ITリテラシーとは?3つの意味とリテラシーを向上させるのに必要なポイントを解説!


スポンサードリンク
 

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210924060613p:plain

おはようございます。Shotaです。

あらゆる企業において、パソコン・インターネット・セキュリティというような「IT」と業務の間には密接な関係が構築されています。

ITに関する知識が不足すると、業務効率の低下や思わぬ重大なトラブルを引き起こすかもしれません。

そこで今日の記事では、ITリテラシーの概要や、構成要素、向上のポイントについて詳細に解説していきます。



ITリテラシーとは

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210917150327p:plain

ITリテラシーとは、簡単に言えばネットワーク・セキュリティなどのようなITに関連する要素を理解する能力、操作する能力という意味です。広義では、多くの情報の中から正しい情報をチョイスする「情報リテラシー」と置き換えることができます。

ちなみに「リテラシー(literacy)」とは読解記述力を意味する言葉です。「〇〇リテラシー」という言葉は、「〇〇に関する理解力」というような意味合いで使われます。

近年では、あらゆる企業でWebを活用したマーケティングがビジネスを成長させる必須の取り組みになりました。社員には最低限、WebやWebマーケティングというような概念への理解が求められます。こうした要素は、ITリテラシーの範疇です。また、単純なパソコン操作やアプリケーション操作もITリテラシーと言えます。極めて基本的な例を上げれば、マウスやキーボードの操作方法もITリテラシーです。

ITリテラシーの欠如は、オペレーションの効率低下だけではなく、セキュリティやコンプライアンスに関する重大なトラブルを招く恐れに繋がります。


ITリテラシーが低いことで生じるデメリット

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210924065330p:plain

本章では、ITリテラシーが低いことで生じるデメリットについて徹底解説します。


デメリット① 生産性が下がる

ITを業務に活用し、業務の効率化や生産性向上を図るデジタル化、IT化は企業にとっては必須の課題です。ところが、これらのデジタル化やIT化もITリテラシーが低いことが原因で達成が妨げられてしまうことが多々あります。

PCが適切に使用されずに手作業で長時間労働が蔓延することが起こり、ひいては生産性の低下につながってしまいます。


デメリット② コミュニケーションが困難になる

どのような業務を行うにしても、複数の人と関わる場合はコミュニケーションを行うことが重要です。

しかし、ITリテラシーが低いとアプリ操作やビデオ会議に関係するコミュニケーションにラグが発生し円滑な意思疎通ができなくなることがあります。


デメリット③ セキュリティ上の問題(セキュリティインシデント)が発生する

ITリテラシーの低さはセキュリティインシデントの発生に直結します。

情報の重要性の確認、信憑性の検証というようなスキル、また情報の重要性の認識と慎重な取り扱いはセキュリティインシデントの予防には欠かせません。


デメリット④ 情報漏えいが発生する

セキュリティインシデントによって、信頼が一気に下がってしまうことも十分ありえます。

USBメモリーなどの記憶媒体の紛失やメールの誤送信による情報漏えい、フィッシングによるネットワークセキュリティの好きを疲れた企業ネットワークの侵入による情報搾取、改ざんもすべてITリテラシーの低さが招いてしまう外なのです。


デメリット⑤ SNSの炎上

今日では、企業においてSNSを活用したマーケティングは一般的なビジネス手法となっております。

また、企業のSNSではなくとも個人が行っているSNSでの投稿なども、情報をたどって所属する企業や学校を特定されることも多いです。

そのようなSNSにおいて、TPOやモラルが守れずに炎上につながってしまうケースも、ITリテラシーの欠如による弊害の一つです。


ITリテラシーが持つ3つの意味

続いて、ITリテラシーを構成する3つの側面について解説します。


その1:情報基礎リテラシー

情報基礎リテラシーとは、情報を正しく使うための能力です。

具体的には、「情報を探し出す能力」「情報を精査する能力」「情報を使う能力」の3つの能力を含めています。


その2:コンピュータリテラシー

コンピュータリテラシーとは、名前の通りコンピュータを操作する技術あるいは知識を意味します。

「最低限のコンピュータリテラシー」は、業務によって異なります。

Word、ExcelPowerPointというようなOfficeツールを使いこなす能力は多くの現場が水準として設定しているようです。


その3:ネットワークリテラシー

ネットワークリテラシーは、ネットワークやセキュリティに関する技術的な知識を理解する能力です。

一方、近年では「インターネットの正しい使い方」や、「インターネットを利用する上でのモラル」という意味でも使われています。

SNS上での発言が取り返しのつかない事態に発展する可能性も、すべてのユーザが理解しておく必要があります。


ITリテラシーを上げるために必要なこと

では、ITリテラシーを向上させるためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは書籍や良質なサイトで体系的な知識を学ぶことをおすすめします。紹介する書籍はすべてAmazonで試し読みができますので、購入前にどのような内容か知りたい時に是非活用してください。


イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本

こちらはITリテラシーの知識の中でWebについて体系的にまとめられている本です。Webの全体像や仕組みについて知りたい人、これからWebプログラマーを目指す人におすすめの内容です。

最初に全体像を知ってからプログラミングなど深い内容に入ったほうが学習の要領もいいので、ITの基本を勉強した後に見てもらいたい一冊です。


イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

こちらはITリテラシーの知識の中でセキュリティについて体系的にまとめられている本です。

セキュリティについて十分な知識が欲しいならこの一冊さえあれば十分に理解できます。

こちらもITの基本を勉強した後に見てもらいたい一冊です。


まとめ

今回の記事ではITリテラシーについて徹底解説しました。

情報化が進む現代社会で、ITリテラシーを向上させることは必要不可欠です。

自分の身を守るためにも、これからの時代で賢く生きていくためにはITリテラシー(特にWeb技術やセキュリティ)は基本として勉強しておくことを強くおすすめします。

今日の記事はこれで終了です。

【参考サイト】

www.i-learning.jp

udemy.benesse.co.jp

paya02.com