文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

SQLとは?初心者向けに概要やメリットを解説


スポンサードリンク
 

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210915064721p:plain

おはようございます。Shotaです。

皆さんは、SQLについて知っていますか?

SQLは様々なプログラム言語と組み合わされて利用され、世の中にあるシステムのほとんどがSQLを使っているので、必ず習得したいスキルの一つです。

今日の記事では、これからSQLを勉強しようと考えている人のために

  • SQLの概要
  • SQLを勉強するメリット


これらを中心に解説していきます。



SQLとは

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210915072338p:plain

SQLとは、リレーショナルデータベースに蓄積したデータを操作したり定義したりするプログラム言語です。SQLを覚えると、データベースに保存されている大量のデータを効率的に取得・更新・削除・追加できます。

そして、SQLは国際基準化されているのでMySQLOracleなどのデータベースが変わったとしても同じSQLで操作可能です。


プログラミング言語との違い

SQLはデータベース内に保存されているデータを取得したり、検索したりする時に使う言語なので、プログラミング言語とは全くの別物です。

Excel内に保存しているデータを探す際は、Excelのフィルター機能を使います。このフィルター機能と同じような役割をするのがSQLです。

SQLでは、命令文を実行することで必要なデータを簡単に取得できます。


SQLでできること

SQLでできることは、データの取得・登録・更新・削除やデータを特定するための条件検索ができます。

リレーショナルデータベースでは、データをExcelのように表形式のイメージでデータを保存しています。そのため、行や列でデータベースを操作することができます。


SQLの種類

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210915073133p:plain

SQLは大きく分けて3つの種類があります。

  • データを操作するためのDML(データ操作言語)
  • データを定義するためのDDL(データ定義言語)
  • データベースへのアクセス権の制御や管理をするためのDCL(データ制御言語)


主にデータベースを操作したり制御したりする時に使い分けられ、全て命令文で動詞と目的語を組み合わせた構文です。


SQLの特徴

本章ではSQLの特徴を2つ紹介しておきます。


一方的に命令する

SQLは、対話のように文をやり取りして命令します。

プログラミング言語ソースコードに命令を順番に記述して行いますが、SQLはシンプルな命令文を一方的にデータベースに送信するだけです。


SQL単体ではアプリを作れない

SQLはデータベースを操作するための言語であり、アプリケーションを開発したり操作したりする機能はありません。そのため、アプリケーションやシステムを開発するときには他のプログラムやプログラミング言語と組み合わせて使用します。

アプリケーションからデータベースを利用したいときは、アプリケーションにSQLの命令文を記述します。


非エンジニアがSQLを勉強するメリット

非エンジニアがSQLを勉強するメリットは、エンジニアに依頼せずに自分で必要なデータを抽出し、分析することです。

例えば、売上データを確認したい時にSQLを使えば、エンジニアにデータ抽出の依頼をせずに自分で行うことができます。

また、追加で他のデータが必要になったときもエンジニアに依頼せずにすみます。


まとめ

今日の記事ではSQLについて解説しました。

SQLはデータベースに保存されている大量のデータを効率的に取得・更新・追加・削除ができるデータベース言語です。

今日の記事がSQLを理解する手助けになれば幸いです。

今日の記事はこれで終了です。

【参考サイト】

hnavi.co.jp

www.sejuku.net