文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

Pythonでできること6選を紹介!仕事への活用方法や学習方法を解説

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210617164511j:plain

おはようございます、Shotaです。

近年Pythonというプログラミング言語の人気が高まって、「耳にしたことがある」という人も増えてきたのではないでしょうか?

また、「AIに使われている」ということで大きく話題になっていても、具体的にPythonはどのようなことができるのかイメージできない人もいるかも知れません。

そこで今日の記事では「Pythonを勉強したことがないプログラミング初心者の方」でも理解できるように


以上の4つを中心に徹底解説していこうと思います!



Pythonでできること

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210717144545p:plain

Pythonは1991年に開発されたスクリプト言語です。あらゆるシステムやアプリを開発できる汎用的な言語の一つです。

具体的には、Pythonでは以下のような開発を行うことができます。


それぞれ順番に解説していきます。


AIや機械学習

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210718061804p:plain

PythonではAIを開発したり、機械学習をしたりするのが非常に得意です。

Pythonの人気の高さの理由の一つに、近年積極的に開発が進められているAIやディープラーニング機械学習を応用したソフトを開発できるという点があります。

PythonにはAIの開発専用のライブラリも用意されており、AI開発における標準的なプログラミング言語とされています。そのため、PythonはAI開発を行う多くの企業で利用されています。


Webサイト作成

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210718062603p:plain

もちろんPythonでも、Webサイトを作成することが可能です。

例えば、PythonにはDjangoというWebアプリのフレームワークが実装されています。Djangoは特に有名で、フロントエンド部分からデータベース接続の部分まで必要なものが全て揃ったパッケージになっています。


ゲーム制作

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210718062936p:plain

PythonではC言語Javaと同じように、ゲーム開発ができます。pygameというライブラリでゲーム開発ができます。

pygameはUnityの台頭により、導入している企業はそこまで多くありません。しかし、情報も多く、簡単なブロック崩しのゲームなら数百行のコードで書けますので、依然として人気があります。


ブロックチェーン開発

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210718063627j:plain

Pythonブロックチェーンの開発にも使われています。

主要ライブラリであるhashlibという関数を備えていて、HTTPリクエストを操作でき、更に数値計算ライブラリが豊富です。そのため、ブロックチェーン開発にはPythonが使われていることが多いです。


Web上の情報収集

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210718063926p:plain

Pythonでは「クローリング(URLのリストを基にHTML情報をプログラムで取得する)」スクレイピング(取得したHTMLから任意の情報を抜き出す)」という技術を使って、例えばニュースサイトの最新情報のURLの一覧を自動で定期的に収集できることが得意です。

有名な技術としてSeleniumがあり、これを利用することで情報収集やブラウザ操作、フォ^無へのテキスト入力を自動化できます。


データ処理・分析・解析

Pythonの強みとして、数値計算能力と連携可能なシステムの多さがあります。

例えば大量にあるデータベースのデータを内部計算して読みやすい行列表に計算したり、膨大なExcelのデータを開かずに目的のデータのみを抽出して別のアプリにコピーしたりなど柔軟なデータ処理が可能です。

それだけではありません。ライブラリも充実しています。

  • 数値計算を効率化するNumpy
  • データ解析に特化したpandas
  • 配列・行列の計算をするSciPy


上述したAIの有名ライブラリの多くがPythonで動作しているのは、このようなデータ処理、分析、解析用のライブラリが充実していることに起因すると言われています。


Pythonが使われているサービス・事例

Pythonの強みがわかったところで、実生活ではどのようなサービスで用いられているのでしょう?

ここからは実際にPythonを用いているサービスを一覧にして紹介します。

  • Pepper(Softbankが開発した人形ロボット)
  • YouTube(世界最大の動画配信サービス)
  • Dropbox(オンラインストレージサービス)
  • Instagram(写真共有型SNS)


このように、Pythonは多くの有名サービスに使われていることがわかりますね。


Pythonの仕事内容

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210713093812p:plain

本章ではPythonを用いた仕事について徹底解説します。Pythonを活用する仕事の種類として、以下の4種類が挙げられるでしょう。


このように見ていくと、Pythonは様々な分野で活用されていることがわかりますね!


Pythonの学習方法

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080621p:plain

Python機械学習や数学、統計に強いということから難しそうなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、実は初心者でも学びやすい言語になっています。

Pythonを初心者から学習する方法として、「書籍で独学」「オンライン学習サイト」「プログラミングスクール」の3種類が考えられますが、特に「オンライン学習サイト」は最近無料で基本的な文法を学習できるサイトが増えているのでおすすめです。

まずはオンラインサイトで全体像を把握してから、興味が湧いてきた分野について書籍を買ったり、足りない分野を学ぶためにスクールを使って勉強したりすることでPythonへの理解を深められるでしょう。

無料でPythonの基本を学べるサイトとして、以下のようなものが挙げられます。

  • Progate
  • ドットインストール
  • paiza


まとめ

今日はPythonでできることを6つ紹介し、仕事への活用方法や学習方法を中心に解説していきました。

Pythonでできることは次の6つです。


あの世界的に有名なサービスであるYouTubePythonで開発されているので、実は私たちの生活にもPythonは意外なところに潜んでいます。

これからAIやIoTが発達することが予測されるため、Pythonを習得すれば今後のキャリアアップにつながると予想されます!

まずはオンラインサイトで実際にPythonに触れてみてはいかがでしょうか!

今日の記事はこれで以上です。

【参考サイト】

www.acrovision.jp

www.pasonatech.co.jp