文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

「クラウドコンピューティング」とは?|用語の意味、特徴、実例を徹底解説

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210713093812p:plain

おはようございます、Shotaです。

皆さんは「クラウドコンピューティング」について知っていますか?

言葉はなんとなく聞いたことはあるけど、意味がわからないと感じる人が多いのではないかと思います。

クラウドコンピューティングは今や企業にとって必要不可欠な存在となっていて、上手に活用することで自社の業務効率化や生産性向上を実現できます。

今日はIT用語の一つ「クラウドコンピューティング」について徹底解説していきます。


クラウドコンピューティングとは?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210714061839p:plain

クラウドコンピューティングは、クラウド環境でコンピューティングサービスを利用することを意味しており、クラウドコンピューティングの技術によって企業は様々なメリットを享受できます。

従来のシステム構築には物理サーバーやネットワークなど、色んなものを用意する必要がありました。それゆえ、莫大なコストが発生し、かつシステムが利用可能になるまで時間がかかるというような課題が顕在化していました。

しかし、クラウドコンピューティングを活用することで、これらをすべてインターネット経由で提供できるようになりました。その結果、企業はコストを最小限に抑えることができ、システムリリースまでのリードタイムも短縮できました。

このように、コストや手間をかけずに短時間で自社のシステムを構築できるクラウドコンピューティングは、企業にとって必要不可欠な技術であると言えるでしょう。


クラウドコンピューティングの仕組み

多岐にわたるクラウドサービスを提供するためには、Cloudの提供企業がユーザーのニーズを正確に把握し、かつ必要なコンピューティング資源をもれなく準備する必要があります。当然、ユーザーごとに要望が違うのでそれぞれ独立した環境として提供する必要があります。

このように、高い柔軟性を求められるクラウドコンピューティングを実現するのが「仮想化」という仕組みです。仮想化をシンプルに説明すると、複数の仮想的なサーバーを物理的なサーバー上に構築することです。構築された仮想的なサーバーは「仮想サーバー」と言われます。

仮想化技術はクラウドコンピューティングを陰で支えている存在です。今や仮想化は多くの企業にとって必要不可欠な存在となっています。


クラウドコンピューティングのメリット・デメリット

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210714063207p:plain

本章では、クラウドコンピューティングのメリット・デメリットを簡潔に説明します。


メリット

クラウドコンピューティングのメリットについては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • すぐに使える
  • バイスに関係なく使える
  • 初期費用無しで導入できる
  • 安全なセキュリティで運用できる


デメリット

クラウドコンピューティングは決して完璧ではありません。当然デメリットもあります。クラウドコンピューティングのメリットについては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • カスタマイズが自由にできない
  • 社内システムと連携できないことがある
  • 利用中にサービスが終了するリスクがある


クラウドコンピューティングを使っている例


AWS(Amazon Web Services)

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210714063543p:plain
(引用元:https://aws.amazon.com/jp/)

AWSAmazon社が提供するサービスで、クラウドサービスの中では最も長い歴史を持っています。

豊富な機能がたくさんあり、サービスそのものの歴史も長いことから、様々なクラウドサービス選択の基準となってAWSを最初に検討する企業も多くなっています。


Google Cloud

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210714063824p:plain
(引用元:https://cloud.google.com/press?hl=ja)

Google CloudはGoogle社が提供するクラウドサービスです。

Google CloudはGmailYouTubeGoogleマップなどGoogle社の提供するサービスを稼働させる基盤として最も利用されています。確かなサービスの実績運用がある点がポイントです。


まとめ

今日の記事ではクラウドコンピューティングの基本的な内容から仕組み、メリット・デメリット、具体的なサービス例まで一挙に紹介していきました。

現在、クラウドコンピューティングはすべての企業にとって必要不可欠な存在となっています。クラウドコンピューティングの活用で、企業の生産性向上や業務効率化など、多くのメリットを享受できます。

今日の記事はこれで以上です。

【参考サイト】

www.topgate.co.jp