文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

プログラミング勉強におけるアウトプット勉強法

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080621p:plain

おはようございます。Shotaです。

今日はプログラミング勉強におけるアウトプット勉強法を紹介していこうと思います。

結論から話すと、プログラミングを上達させるための勉強のコツは、「アウトプット」することです。一言でアウトプットと言っても様々な方法がありますが、記憶の定着や理解度を向上させるために必要だと言われています。

アウトプットとして手段を記録しておくことで、実務で大きな壁にぶつかったときにその方法を再び使えることも多々あり、実際の業務に大いに役立つでしょう。

プログラミングの勉強は「インプット」と「アウトプット」の繰り返しです。

それでは早速、プログラミングにおけるアウトプットの勉強方法について詳細に解説していきましょう。

【目次】


プログラミングにおけるアウトプット勉強法3選

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614074705p:plain

それではプログラミングにおけるアウトプット勉強法を詳細に解説していきます。


既存のコードをアレンジする

プログラミング勉強の基本として、「既存のコードをアレンジする」というのは非常に有用な方法だと言えます。基本の状態があるので、プログラミング書試写でもチャレンジしやすいおすすめの勉強方法です。

少しのアレンジでも自分で考えるので、「自分で考えて書く」ことを癖にすることができます。また、コードに対する理解も深まってスキルアップも期待できます。


既存のWebサイト、他人のWebアプリをゼロからコーディングする

「既存のWebサイトやWebアプリを作成する」ということもおすすめの勉強法です

ソースコードを見ないで同じサイトを作ることで、今まで学んだ基礎をどのように生かしていくか、という思考力の向上に繋がります。基礎学習の次のステップとして最適な方法と言えるでしょう。


自分の問題を解決してくれるようなアプリを作る

今度は「自分が困っている問題を解決するアプリ」にチャレンジしてみてください。

自分専用のアプリは商品ではないので、自分の思い通りに作れるというのが大きな利点です。自分の問題を解決することで、クライアントの要望に答える練習にもなるでしょう。


プログラミング勉強のアウトプット2選

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210706061117p:plain

次に、プログラミング勉強中におすすめのアウトプット術を紹介していきます。実務としてプログラミングをする上で、他人に自分の作ったものを評価してもらう作業は非常に重要です。

どのようなプログラミングのアウトプット術があるのか、主に2つ解説していきます。


SNSやブログで宣言する

Twitterで、「これから〇〇サイトを作ります」などと宣言してみましょう。外に向けて宣言することで、自分のモチベーションアップに繋がります。


学んだことをブログで記事にする

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614082803p:plain

プログラミングの勉強に是非活用してほしいことの一つに、「ブログで記事にする」という方法があります。プログラミングの勉強中は定期的に、できるだけ毎日ブログで学んだことを投稿してみましょう。

ブログの記事で毎日発信することで、知識の定着の効率が上がります。


まとめ:上手にアウトプットしてプログラミングスキルを向上させよう

プログラミングのアウトプットの方法はたくさんあります。しかし、プログラミングの勉強はどうしてもマンネリ化してしまいます。

上手なアウトプットの方法を見出すことができればプログラミングスキルは格段に向上するでしょう。

ぜひ、自分にあったアウトプット方法を見つけてスキルアップを目指していきましょう!

今日の記事はこれで以上です。

【参考サイト】

www.sejuku.net