文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

【解説】プログラミング言語「Kotlin」

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210627142230p:plain
(引用元:https://kotlinlang.org/)

おはようございます。Shotaです。

この記事を読んでいるみなさんは、Androidアプリ開発における公式言語に追加された「Kotlin」を知っていますか?名前を聞いたことはあるけど、詳しい特徴や将来性についてはわからない...という人もいるでしょう。

そこで今日の記事では、Googleが認めたプログラミング言語である「Kotlin」について詳細に解説します。この記事を読むことで、Kotlinの特徴やAndroid開発に使うメリットが深く理解できるようになります。

【目次】


そもそもKotlinとは?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210627142712p:plain

Kotlinは2011年にJetBrains社によって開発されたプログラミング言語です。KotlinはJavaAndroidと100%相互運用可能」というテーマを掲げております。そのテーマ通り、Android開発がメインであるJavaとの連携がスムーズであることが魅力です。

KotlinはJava VM上でも動作したり、Javaのコードを簡単にコードに置換できるなどJavaを使ってきた環境への配慮がなされております。

Kotlinを導入したとしても、Javaで構築してきたものが無駄になりません。このように現状の資産をムダにしないでより開発の効率を挙げられるKotlinは世界中で導入が進んでいます。


Kotlinのメリット・デメリット


メリット

Kotlinのメリットとして以下のようなことが挙げられます。


それぞれ順番に解説していきます。

Javaと互換性がある

KotlinはJavaと100%の互換性があるので、これまでJavaで書いてきたコードをコトリンに変換できます。それだけではありません。KotlinとJavaは共通する部分が多いので、どちらか一方の知識があれば比較的簡単に習得できます。

KotlinはJavaと同じように、JVMという祖ストをインストールすればOSに関係なく使うことができます。

KotlinとJavaの2つの言語には共通点が多く、似たような知識が多いのでスムーズにJavaからKotlinに変更できます。

Javaよりもシンプルに書ける

KotlinはJavaと比較すると非常にシンプルでわかりやすいコードを書くことができます。

ライブラリが豊富

標準ライブラリという、コードを書く際のツールが充実していることもKotlinのメリットです。便利な機能が備わっていることも、Kotlinが多くの開発者から支持される要因の一つでしょう。

Androidアプリ開発に特化

Kotlinの一番のメリットはAndroidアプリ開発に特化しているという点です。

これまでAndroidアプリの開発はJavaがメインでした。しかし、2017年にAndroidの開発元であるGoogleがKotlinをAndroidアプリ開発言語として正式採用すると公表しましたので、今後はKotlinに取って代わられそうです。

このような面からも、Kotlinは今後需要がさらに拡大していきAndroidアプリ開発=Kotlin」という地位やイメージを獲得する未来もそう遠くはないようです。


デメリット

日本語の情報が少ない

2011年に発表されたばかりの比較的新しいプログラミング言語なので、日本語の情報が少ないというのがデメリットです。

しかし、先程も述べたように今後Androidアプリ開発でのメインになる言語になるのは間違いないので時の経過とともに日本語の情報も増えていくことでしょう。

まだ日本では浸透していない

KotlinはJavaと比較して使えるエンジニアが少なく、現時点ではそこまで浸透していません。しかし、この問題が解決されるのも時間の問題でしょう。


Kotlinの活用事例

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612093332p:plain


Yahoo!ニュースアプリ

JavaからKotlinに開発言語を変更したことで、開発スピードもかなり短縮されてコード量をほとんど増やさずに新機能を追加することに成功したそうです。


LINE

LINEは2015年3月にKotlinを導入しており、2018, 2019年には「日本Kotlinユーザグループ」が主催する「Kotlin Fest」のスポンサーになっています。

また、新規のAndroidアプリの開発に使用するだけではなく他の用途でも使っておりKotlin導入に対してかなり積極的な姿勢を見せています。


Kotlinをおすすめする人

Kotlinを勉強することをおすすめする人は以下のような人です。

  • Androidアプリの開発をしたい人
  • Javaの知識がある人
  • これからJavaを勉強しようとしている人

プログラミング学習で言語を選択する際に重要なことは、「何がしたいか」という目標です。

もしあなたがアンドロイドアプリを開発したいならKotlinを最優先で学習するといいでしょう。また。Javaの知識がすでにある人やこれからJavaを学習しようとしている人もKotlinを学べば一緒にJavaの知識も習得できます。

それだけではありません。他のプログラミング言語に比べて、Kotlinは習得する難易度もそこまで高くないので未経験でも十分に挑戦できる言語です。

ところが、未経験から勉強する際はデメリット面でも書きましたが、現時点ではKotlinに関する情報が少ないです。そのため、習得している経験者から直接教わることをおすすめします。


まとめ

今日はプログラミング初心者に向けてKotlinのメリット・デメリットについて解説しました。

Kotlinは今後Androidアプリの開発においてほぼ間違いなく主流になってくる言語です。かつ、既存のAndroidアプリをJavaからKotlinに変更するケースも増えつつあります。

特に、今Javaを学習している人はことりんのメリットを最大限に実感できると思いますので習得することを強くおすすめします。