文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

Go言語とPythonの徹底比較

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210615064836p:plain

おはようございます。Shotaです。

現在プログラミング言語の中で特に需要の高いGo言語とPythonですが、

❓「Go言語とPythonはどっちがおすすめなの?」

❓「Go言語とPythonでできることを知りたい」

このようにGo言語とPythonのどちらを習得すればいいのか悩んでいる人も少ないと思います。そこで本日の記事ではGo言語とPython、どちらがおすすめなのか結論を解説した上でそれぞれの言語の違いを詳しく解説していきます。

【目次】


Go言語とPythonどっちがおすすめ?

結論としては、自分がどのようなプログラマー・エンジニアになりたいかが重要です。プログラミング言語の選択はあくまで手段だということは忘れないでください。

プログラマーになりたいと一言でいっても、行いたい業務や実現したいサービスで選ぶべき言語は異なります。ちなみに、以降ではGo言語とPythonの違いについて簡単に、かつ詳細に解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

今回は言語別にそれぞれできること、実際にその言語が使われているサービスを紹介していきます。


Go言語

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210619073109p:plain


できること

Go言語はGoogleによって開発されたプログラミング言語で、

* Webアプリケーション開発
* Webサーバの構築
* CLI(コマンドラインツールインターフェース)の作成

このようなことができます。

Go言語はマルチプラットフォームに対応しているので、様々な動作環境で実行することができます。そのため、スマホアプリやWebアプリの開発に便利なプログラミング言語と言えます。

またWebサービスをつくる際に必要となるWebサーバを作ることもできます。実際にYoutubeなど膨大なデータを扱うWebサービスでも活用されています。

さらにCLIと呼ばれるツール作成にも便利です。これは簡単に言えばコマンドプロンプトのように黒い画面にコマンドを打ち込んで操作を行うツールのことです。

このように、Go言語ではWeb上のサービスに関連する機能を作ることができますので近年注目されつつある言語です。


実際に使われているサービス

メルカリ

日本で人気の高いフリマアプリの「メルカリ」ですが、メルカリは実は一部でGo言語が使われております。

Python

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210617164511j:plain


できること

Pythonは主にAIの開発現場でよく使われています。

Python機械学習や深層学習といった機能を作成するのに必要なライブラリが豊富です。それだけではありません。

  • Webアプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • データ処理・分析・解析ツールの作成
  • スマホアプリの作成

以上のようなことが可能です。この中でも特に得意なのはデータ処理です。数値計算や画像処理はPythonを使うとスムーズにできます。

ちなみにWebサイトやゲームはPythonでもできますが、そこまで使われている場面は多くありません。ただ、PythonはWebフレームワークのDjangoで大規模なシステムを構築できますのでYouTubeInstagramに採用されています。

実際に使われているサービス

YouTube

世界的に有名な動画プラットフォームであるYouTubeですが、実はPythonを使って開発されたサービスの一つです。

Pythonは主にサーバサイドの処理システムに使われています。特にPythonは大規模なデータ分析、処理をするシステムの開発に向いています。したがって、YouTubeのような巨大なプラットフォーム開発には向いています。

まとめ

今回の記事ではPythonとGo言語の違いを徹底比較しました。PythonとGo言語のどっちを勉強すればいいのかという質問に対しては、両方ともメリットデメリットがありますので作りたいサービスに合わせて選択するのが結論です。

性能を要求されるWeb開発であれば、Go言語のほうが望ましいです。

機械学習やデータ分析、オブジェクト指向型の言語を学びたいならPythonを選択しましょう。

本日の記事はこれで以上です。最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

【参考サイト】

www.sejuku.net

simpleonesoft.com