文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

【解説】プログラミング言語「Go」

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210619073109p:plain

おはようございます。Shotaです。

Goって聞いたことはるけど、実際にGoがわからないと疑問に思っている人も多いと思います。今日の記事では、プログラミング初心者にもわかるようにプログラミング言語「Go」について解説していきます。興味のある人はぜひご覧ください!

【目次】


プログラミング言語「Go」

Go言語は2009年にGoogleがリリースしたオープンソースプログラミング言語です。Go言語の公式サイトによると、

Go is an open source programming language that makes it easy to build simple, reliable, and efficient software.


「Goは、シンプルで信頼でき、かつ効率的なソフトウェアを簡単に構築できるオープンソースプログラミング言語です。」

と説明されています。Go言語は公式で説明している通り、シンプルな構文や軽い動作でプログラミングができます。近年Go言語を採用する企業も増えています。

なお、Goだけでは識別しづらいので「golang」や「Go言語」と表記されることが多いです。


特徴

Go言語のメリット、デメリットについて紹介していきます。

メリット

  • 文法が単純で理解しやすく、学習コストが低い。
  • 構文のエラーを一通り洗い出してくれるので、トライアンドエラーを繰り返して勉強で出る。
  • Web系の開発に向いている。マルチプラットフォームに対応しているので、Webアプリだけではなくスマホアプリも開発できる。
  • ドローンやロボットなどのIoT開発に向いている。


このように、Go言語は様々な開発に対応している汎用的なプログラミング言語と言えます。

デメリット

たくさんメリットがあるGo言語ですが、デメリットもあります。メリットだけではなく、デメリットも参考するようにしましょう。Go言語のデメリットとして主に次のようなことが挙げられます。


将来性

Udemyのブログによると、次のようなことが書かれてあります。

Go言語は2009年にリリースされており、プログラミング言語としては比較的最近開発された言語です。しかし、急激に需要が増えており、エンジニアが不足している状況にあります。…(中略)...Go言語は、近年注目の集まるクラウドやコンテナ技術、マイクロサービスなどの最新IT技術と親和性が高く、将来性のある言語です。

(引用元:Go言語(golang)とは?人気が高まっている理由を言語…|Udemy メディア)


この記事を踏まえて考えると、Go言語は最新のIT技術に直結しているので今後ますます需要が増えていくことは間違いないと言えるでしょう。


まとめ

本日の記事ではGo言語の概要、メリット・デメリットや将来性について簡潔に説明しました。Go言語は扱いやすく人気も急上昇中なので、今後も求人数は増えると言っても過言ではないでしょう。

この機会にぜひGo言語を勉強してみてはどうでしょうか?

今日も最後まで読んでくださり本当にありがとうございました!


【参考サイト】

www.sejuku.net

udemy.benesse.co.jp

www.fenet.jp