文系プログラマの雑記

文系プログラマの考え、プログラミングの紹介

プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと 3つ

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210603061116p:plain

おはようございます。Shotaです。

今日の記事では、私がPythonを独学で勉強しはじめて3ヶ月経過して気づいた「プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと3つ」を紹介します。この記事を読んでいる人はぜひ独学でプログラミングを学ぶときの参考にしてみてください。

【目次】



プログラミングの独学は可能か?

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614074705p:plain

そもそも独学でプログラミングを学ぶことはできるのでしょうか?プログラミングを初めて学習しようとしても、自力で技術を身につけるのは難しそうですよね...

ところが、それはこれから紹介する3つのことを知らないまま時間だけが経過していきモチベーションを保てていないことが原因の一つとして考えられます。

今から紹介する3つのことを知り、モチベーションを保つコツさえわかっていればプログラミングを独学で身につけることはできます。


独学でプログラミングを習得するメリット

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614075217p:plain

独学でプログラミングを勉強するのは初心者にとっては難しく思えるかもしれません。しかし、自力で技術を習得できるメリットもあります。

  • 余計な出費が抑えられる
  • 環境に合わせて自分のペースで学習できる
  • 好きなアプリやサービスを開発できる


プログラミングスクールに通えば、独学よりも速く技術を身につけられるかもしれません。しかし、プログラミングの基礎はスクールに通わなくても習得できます。私はまだ学生だったので、独学でプログラミングを始めました。そんな私でもPythonの基本的な文法やライブラリはある程度使えるようになりました。(2週間で)



プログラミングを独学で学ぶときに必要なこと3つ

では早速、本題に入りましょう。


1.自分が実現したいサービスやアプリを明確にする

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210612093332p:plain

これはプログラミング学習の中では最も重要なことです。プログラミングは問題解決の手段の一つに過ぎません。特に趣味ではない限り、「なんとなく」でプログラミングの独学を始めると途中で挫折することが大いにありますので十分に注意してください。


2.自分が学びたい言語を一つ決める

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080252p:plain

自分が実現したいサービスが明確になったら、次はそれを実現するためにふさわしい言語を決めましょう。

例えば、日々の業務の自動化を目指したいならPython、スタイリッシュなホームページを作って周りに自慢したいならJavaScriptを勉強したほうがいいです。


3.毎日勉強する

f:id:ShotaNukumizu_1000:20210614080621p:plain

これは一見地味に見えますが、プログラミングを勉強する上ではいちばん重要なことです。とにかく短時間でもいいので毎日勉強しましょう。独学は、学習を習慣化させると雜誌しにくくなります。

習慣化は学習に取り組むための心のハードルを下げる最も効果のある方法です。



まとめ:まずはプログラミングで実現したいことを明確にすることから始めよう

今日の記事では、プログラミングの独学に必要なことを3つ紹介しました。

  • 実現したいアプリやサービスを決めること
  • 学びたい言語を一つ決めること
  • 毎日勉強すること


みなさんいかがだったでしょうか?

以上のことをしっかりと押さえていればプログラミングでの独学は決して難しいものではありません。

管理人もしっかりと毎日プログラミングの勉強をしていきますので、これからもプログラミングの勉強を継続していきましょう。

今日の記事はこれで終了です。最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。



【参考サイト】

goworkship.com

tech-camp.in