Re:ゼロから始める文系プログラマ

未経験がプログラミングを通して人生を変える

【毎週日曜投稿】本の要約・考察第7回 ~『FIRE 最速で経済的自由を達成する方法』~


スポンサードリンク
 

おはようございます!Shotaです。

今日は日曜日ということで有名書籍の解説を始めていきます。今日紹介する本はグラント・サバティエが書かれた『FIRE 最速で経済的自由を達成する方法』です。

 

[グラント・サバティエ, 岩本 正明]のFIRE 最速で経済的自立を実現する方法

 

この本を一言で言えば、「テクニックだけでは経済的自由に達することができない」と表すことができます。本書では、経済的自由に達するために必要なことが詳細に書かれているだけではなく、経済的自由に達するために必要なマインドセットまで詳細に書かれているオススメの一冊です。

本題に入る前に、まずは「FIRE」の言葉の定義を理解しておく必要があります。

FIRE(Financial Independence Retire Early)は、直訳すると「経済的自由と早期退職」です。定年を待たずになるべく早期に仕事を辞めて資産運用などを中心に生活していくライフプランです。

 

 本書では投資の方法や金融資産の増やし方など、具体的なテクニックも詳細に記述されてあります。ところが、そのようなことを書き出すと長文記事になりかねないので今回はとりあえずマインドセットのみ紹介しておきます。

ここでざっくりと「経済的自由」について解説しておきます。「経済的自由」は、投資で得た配当金の収入が生活費の支出を上回っている状態のことを意味します。本記事では、そのために必要な具体的なメソッドよりも基本的なマインドセットを中心に紹介していきます。

 

では早速、本題に入りましょう!

 

 

【目次】

 

時間はお金よりも貴重

 

「時間はお金よりも貴重」

 

これは経済的自由を目指している人であっても、そうでない人でも非常に重要な考えです。

お金は本質的には無限です。人間が発明したものであり、人々が働き、支出し、投資することで経済を成長させようとしている限り政府はその規模に合わせてもっと多くのお金を刷ることができます。言い換えれば、人々が働いて経済を活性化させてお金が手に入る限り、お金は無限に増えていきます。

ところが、多くの人は「お金が有限なものだ」というように勘違いしています。これはあまりにも残念なことです。このような勘違いは、ただお金を稼いで得るために多くの時間を犠牲にしてしまいます。お金を稼ぐために使ったその時間は二度と戻ることはありません。問題はそれだけではなく、必要ないのにお金を節約しようと貴重な時間を浪費していきます。

お金を稼ぐために使ったその時間は永遠に過ぎ去った時間です。二度とその時間は一生戻ってきません。商品が安く購入できるという理由だけで何かのチケットのクーポンを切り取るのに1時間もかける、というような経験はないでしょうか?

「お金が有限である」というような勘違いをしてしまうと、より多いお金のために自分の時間を犠牲にしたり、無駄な節約をしたりすることにつながってしまいます。つまり、自分の行動そのものが「お金」に縛られていきます。「お金」の奴隷となってしまうのです。

 

ここで再度強調しておきます。

 

「お金は無限で、時間は有限です。」

「時間のほうがお金よりも貴重です。」

 

少なくとも私の記事を読んでいる人には届いてほしいです。お金は後でいくらでも取り返すことはできますが、お金を稼ぐために使った時間は二度と戻ってきません。

これは、経済的自由を目指す目指さないに関係なく非常に重要なことだと考えています。

 

 

アクション:今やっていることが自分への投資になっているか、それとも浪費になっているか見極める

今回の記事を踏まえて、これから具体的なアクションプランに触れていきます。

 

それは、

 

「今の自分の行動が将来への投資、あるいは浪費かどうかを見極めること」

 

です。 

 

私たちは日常生活の多くの場面で時間を使っています。勉強したり、買い物したり、読書したり、人と交流したり...など色んな場面で自分の時間を使っています。かくいう私も、読書したりプログラミングしたりして自分の時間を使っています。

今やっていること、何でも構いません。その「やっていること」一つ一つが自分への投資になっているか、または無駄になっているかを再度自分で考えてみて下さい。ただ何も考えず思考停止してスマホやテレビをダラっと見ていませんか?あなたがやっていることに関係なく、それに費やした時間は二度と戻ってきません。

その事が終わったら、自分の投資につながっている行動を一日のスケジュールに組み込むようにしましょう。同じ一時間でも、読書をして自分の思考を深めるために使ったこと、ただ何も考えずに動画をダラっと見ることに使ったことでは大差があります。

 

過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。今この時間が私たちにとって、最も貴重にするべきものです。時間を大切に使っていくためには、 今の自分が一日にやっていることを見直して、投資につながっている行動を増やしていくことが本当に大事だと考えています。

 

まとめ

【本日のまとめ】

  • 「お金は無限、時間は有限」
  • お金が有限である、と勘違いをすると時間を浪費したり、無駄な節約をしたりすることにつながってしまう
  • お金は後でいくらでも取り返すことができるが、過ぎ去った時間は二度と戻ってこない
  • 本書から読み取れる具体的なアクションプランは、今の自分の行動が将来への投資、あるいは浪費かどうかを見極めることだ。投資につながっている行動の時間をじゃんじゃん増やしていこう。

 

 

本ブログでは、こんな感じで毎週日曜日に有名な自己啓発本・ビジネス書を要約・考察するブログを書いていきます。それ以外の日はPythonにまつわる情報や基本的な知識、Pythonの操作方法やニュースをたくさん紹介していきます。

 

この記事がいいと思った人はSNSにシェアしてくれると非常に嬉しいです!

 明日は「ファイル操作」について解説していきます。

長くはなりましたが....今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

【参考図書】

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法 | グラント・サバティエ, 岩本 正明 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon